オゾン水で 新型コロナウイルス不活化を確認

| コメント(0) | トラックバック(0)

世界初 低濃度オゾン水による 新型コロナウイルス不活化を確認

藤田医科大学(愛知県)の村田貴之教授(ウイルス・寄生虫学)は、
手指消毒等に安全に使用できる低濃度のオゾン水による新型コロナウイルスの不活化を確認しました。

2019年中国で発生し、パンデミックとなっているSARS-CoV-2(通称新型コロナウイルス)は、
感染性が高く、高齢者や病気の方では重症化リスクが高いので、世界的な問題。
感染拡大防止の手段として、低濃度(2.0 mg/L以下)のオゾン水がSARS-CoV-2に対して効果があることを、
世界に先駆けて実験的に明らかにしました。


実験内容
SARS-CoV-2のウイルス液(1 μL)を、オゾン水(100 μL)と混合します。
一定時間後に20%ウシ胎児血清添加の培養液(899 μL)で縣濁して反応を停止し、
回収したウイルスを、VeroE6/TMPRSS2細胞に感染させ、
4日後にTCID50という指標で、ウイルス力価を評価しました。
VeroE6/TMPRSS2は細胞バンクJCRBより入手し、SARS-CoV-2は神奈川県衛生研究所より入手。
実験は藤田医科大学のバイオセーフティレベル3(BSL3)の実験施設で行いました。

研究成果

オゾン濃度1.0 mg/Lのオゾン水を10秒処理するとウイルスは0.70%に、
2.0 mg/Lのオゾン水では0.1%未満にまで抑制。
オゾン濃度0.4 mg/Lでもウイルス力価は5.8%まで減少した。

まとめ
手指消毒、飲料水消毒、歯科・眼科診療、医療器具洗浄等には、
2.5 mg/L以下のオゾン水を使用することが一般的です。
今回の研究では、それ以下の低い濃度のオゾン水であっても、
十分な量を使用することでSARS-CoV-2を不活化できることが明らかになりました。
パンデミックに際しアルコールの在庫が不足しても、水と装置があればオゾン水が生成できる、
オゾン水生成装置はいざという時やくにたちますね。
ただしオゾン水は保存は効かないので、必要な時につくる必要はありますが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.354976.jp/mt5/mt-tb.cgi/483

コメントする

MT42BlogBetaInner

カテゴリ

月別 アーカイブ