キレる子供にならないためにの最近のブログ記事

ノルウエーの優雅な刑務所に再犯率が低いのはなぜ?! NHK 未来への提言「囚人にやさしい国からの報告」犯罪学者ニルス・クリスティより 刑務所の待遇が良く、世界一囚人に優しい国ノルウェーは、 再犯率が低い。 「厳しいしつけ」が良い子を育てるのか?アメリカの実験編 少年犯罪に厳罰は良くない?で、  アメリカの刑務所で、厳しく罪を反省させたら、 かえって再犯率が増えてしまったお話をしましたが、 逆に犯罪者に優しくしたらどうなるのか?ということから応用して、 子供が「お友達のおもちゃを盗んだ」とか、「たたいてケガさせた」とか、 悪い事をした時の、しつけの参考にしていただければと思います。 日本の刑務所も、世界レベルでは「囚人に優しい国」のほうですが、 北欧、特にノルウェーはすごい。 ★ ノルウェーの刑務所は快適! ノルウェーの刑務所に、鉄格子は無し。 個室にトイレだけでなく、シャワー、冷蔵庫、...
赤ちゃんに、スキンシップしないで育てたら死んでしまう! 恐ろしい実験...スキンシップの無い赤ちゃんは、どうなってしまうか。 今から約800年前、神聖ローマ帝国の皇帝フリードリヒ2世が、 新生児の赤ちゃんに恐ろしい実験をしました。 赤ちゃんに、スキンシップも話しかけもしないで育児をすると、 赤ちゃんは、どう育つかを実験した。 その結果、スキンシップが無い赤ちゃんはどうなったの? フリードリヒ2世がやろうとした実験 学問を好み、時代に先駆けた近代的君主フリードリヒ2世。 このフリードリヒ2世が、やろうとした実験は、 「言葉を教わらないで育った子供が、どんな言葉を話すのか?」 六カ国語を話せるフリードリヒ2世は、 人間は生まれたときから自分の言葉をもっていると考えた。 それはきっとヘブライ語だと、思い込んでいた。 そこで行った恐ろしい実験の内容は、 まず、家来から50人もの赤ちゃんを集めさせた...
信長はなぜ怒りっぽかったか? 私マイケルは歴史がだい好きで、特に日本史なら幕末、明治と戦国時代。(世界史も好きですが) さて、信長が糖尿病ではなかったか?という説があります。 糖尿病は、紀元前15世紀からあったのではと言われる。 でも、当時は血糖値を調べる方法どころか"糖尿病"の病名すらない。 しかし歴史文献に残る症状が、糖尿病と酷似していることから推測できる。 歴史上の人物に、糖尿病を疑う人物が何人かいて、 たとえば平安時代NO1の権力者、藤原道長。 藤原実資(ふじわらのさねすけ)の日記「小右記」に、道長の症状が記されている。 道長が51歳の頃、外出先で気分が悪くなり、引き返す途中、しきりに水を欲し、 以降もしばしば喉の渇きを訴えるようになったと言う。 糖尿病は「渇きの病」と呼ばれるほど、喉が渇く。 道長自身の日記にも、晩年に視力が落ちたとあり、 これも糖尿病の3大合併症のひとつ「糖尿...
少年犯罪者に厳罰を!というのが、今の日本社会の流れですが、 では、厳しいしつけがよい子を育てるの? 一条整体院は違うと思ってます。 アメリカのある民営刑務所の厳罰化実験 厳しく育てれば、正しい子に育つ。 悪い事をしたら、どれほど悪い事をしたのか、 しっかりと理解させ思い知らせれば二度としなくなる。 そんな考えって正しい面もあるのかもしれません。 でもそれが、かえって悪い子を育ててしまう原因になることがあると、 非行少年者から学ぶ、子育て 奈良少年刑務所 教育専門官(臨床心理士)竹下三隆 氏のお話より で、書きましたが、 アメリカでも実験してましたので、そのお話です。  今、世界中の先進国では刑務所が満員だそうです。 そこでアメリカでは民間企業に刑務所を任せる州もあります。(日本にも民営刑務所がありますね。) 刑務所の過密状態を解消するために、二度と罪を犯さないように、 再犯率を低くする事...
"いい母"プレッシャー"(NHKあさイチ1月26日より) 今回の女性リアルのテーマは、「いい母プレッシャー」 なかなか良いネーミングかも。 人は、みんな本当は、いい人だと思われたい。 良い母だと思われたい。 だけど、良い母に見られることよりも、 良い母になることの方が大切ではないでしょうか? という、感想を書きたくなってしまった。 愛情のある普通の人なら誰でも、自分の子供を、教え子を、 立派な人間に育てたいと思う。 だから、理想の子育てを、 育児書、雑誌、テレビ、ママ友などから語られる。 例えば、 「毎日、料理は手作りで」 「怒る、など、感情的な子育ては良くない」 「完全母乳で布オムツが良い」などなど・・・。 「私って理想的な母親じゃない・・・。」と感じる人は多い。 NHKのアンケートで9割以上の母親が「自分はいい母じゃない」と思い、 うち6割が「いい母であるべきというプレッシャー」を感じ...
       「非行少年者から学ぶ、子育て」       奈良少年刑務所 教育専門官 竹下三隆先生 (臨床心理士)のお話より                               少年院や刑務所に入る子どもの親は、ろくでもない親なのだろう、 と思いますが、 実は、一生懸命に子育てをしてきた親の方が多い。 その一生懸命さが逆に、子供の心を傷つけていることに気づかずに、 少年院や刑務所に入る子にしてしまうことが多い。 つまり、親の努力や頑張りが足りなかったのではなく、 逆に、親の一生懸命さが、子どもを少年院や刑務所に追い込だ場合が多い。 親が努力する方向を間違えると、 子供が間違った人生になる。  どうしたら非行や犯罪をしない、また、引きこもりにならない、まともな子育てができるのか? 独身なら、親になったときに大切なことは何か? そのヒントを得ていただき、 子育て中の方は、もっと力を抜い...
NHKあさいち 6月9日イチおし!大麦がスゴイ!より 麦ごはんが血糖値の上昇を抑える!? いま、健康志向から売れてる大麦。 麦ごはんがダイエットにも良い事は、6月23日にアチーブメント出版から発売される、自然と痩せ体質になる「すっきり下半身美人になる減塩習慣。」の中で紹介してありましたが、今日NHKあさイチで糖尿病に効くという放送がされていた。 一条整体学院とコラボしてダイエットメニューを作っていただいた。 品川の和食レストラン「フエリーチェ」でもメニューとして提供された。 大麦が注目されるポイントは食物繊維が豊富。 大麦の食物繊維量は白米の20倍!玄米の3倍にもなるという。 今回、漫才師の「髭男爵」の2人の身体で、 麦ごはんと白米で、血糖値の上がり方の違いを実験。 白米を食べた後、ひぐち君は30分で血糖値が下がり始める正常値だったが、 体重100キロ以上ある山田ルイ53世は、1時間後くら...
この世の中から、いじめを無くす方法はある。  いじめは、いつから始まったのか考えれば、 いじめの原因は簡単なこと。 私は、子供のころ、幼稚園から、中学生まで、ひどいいじめに苦しんだ、 どうすれば、いじめられないのか? いつも考えた。 強くなればいじめられないと考えて、少林寺拳法も習った。 いじめられないように、偏差値の高い高校にも進学した。 しかし、どこに逃げてもいじめは追いかけてくる。 なぜか? いつも、心に、目の前の人にいじめられるのでは? 誰かにいじめられるのでは? という、不安や恐怖やイメージが浮かんでくる。 これが、いじめられっこの心理。 そして、その思いから、いじめられビームと言うか、 いじめられる空気を発してしまう。 そして、いじめっ子は、その空気に引き寄せられてくる。 いじめられっ子たちを観察していると、 なぜか?無性にいじめたくなる。  いじめに苦しめられた自分は、決して...
 整体の常連さんから、小学校4年生の娘の猫背も直して欲しいと、 つれてこられた。 高校生以下の子供は、骨盤に軟骨がまだ多いので、 9歳の少女なら骨盤矯正の効果は抜群! なるべく同じ服を着て来てもらって、 整体4回目のビフォー アフターの写真 バレーボール俱楽部に入っているが、 整体2回目くらいで、バレーボールクラブの父兄から、 ○○ちゃんは、遠くから試合の応援していても、 猫背だからすぐに分かったのに、 最近、わからなくなったと、 言われたとか。   左に偏っていた重心が整って、右側に飛んで来たボールも苦手では、 無くなるでしょう。 写真では、分かりにくいが、1回の骨盤矯正で、 O脚も矯正されて、膝の隙間が無くなっている。 個人差はあるが、 だいたい、17~23歳くらいまでに、 骨盤矯正すると、劇的にO脚が直ることが多い。 バスケットボールやバレーボールなど、 激しいスポーツをしている...
長生きしたけりゃ肉を食べるなという本が人気。 なぜ肉を食べると長生き出来ないのか?  論より証拠。日本人の腸は長くて肉食に適してないとよく言われるが、 実は、西洋人でも、肉食で短命になる事を、歴史が証明した事件があった。 それは第一次世界大戦中のデンマークでの出来事。 戦争のため海上封鎖されたデンマークは、食糧を輸入できなくなった! このとき、食糧大臣となったヒンドヘーデは国内の家畜を全て殺した! 家畜エサを直接、人が食べようと考えた。 その結果は? 私の嫌いなカロリーベースの西洋の栄養学は、 十九世紀にドイツ人のフォイトが考え、 アメリカへ普及し、今では日本を含め世界規模になっている・・・。  十九世紀から欧州でメジャーな「栄養学」は、フォイトだけでなく、 モレショット、ケョーニッヒなどの研究者が唱えたもの。 それは単純に言うと「体の筋肉は、タンパク質と水から成り立つ。 だから人間もタン...

MT42BlogBetaInner

カテゴリ

最近のコメント