心療内科・精神科・パニック障害・不眠・欝の最近のブログ記事

カロリー制限ダイエットする人にとって、最悪な、カロリーが高いものが、 脂肪や油分。 これをを控えると痩せるはず! そんな低脂肪ダイエットをしている人に多いのが、うつ病。 そう、低脂肪がうつの原因かもしれないという。 ダイエットは、「脂肪や油分」を減らせ!というのが常識。 しかし、脂肪や油分はセロトニンなどのホルモンを作る原料。 だから油分が不足すれば、うつ病になるという。 実は、良い脂肪をたくさん摂る方が痩せる! 糖質を減らして油分を増やすのが正しいダイエット。 タンパク質と野菜ばっかり食べて糖質も脂肪を抜けば確かに痩せるかもしれません。 が、どんどん気分は沈んでいく。 なかなか眠れず、イライラする。 そして女性ホルモンや細胞膜の原料でもある脂肪が不足すれば、 髪の毛ボサボサ、お肌はガザガサ・・・。 これでは、 痩せたというより「やつれた?」 ダイエットしても、全然、美しくない・・・。 ...
「睡眠負債」と「睡眠不足」 「睡眠負債」はメディアでも最近話題ですが「睡眠負債」と「睡眠不足」は、 どう違うのでしょう? 睡眠不足は徹夜をした次の日など、短期的なもので、睡眠不足は日中に眠くなるなど自覚症状がある。 しかし、睡眠負債の怖いところは、慢性的に毎日1時間ほどの睡眠不足がたまっていくので、 本人が気づきにくいこと。 「睡眠不足」は気づきやすいが、「睡眠負債」は眠気を感じなくなることが多い。 だからと、よく平日の睡眠不足を解消するため、週末寝だめをする人がいますが、 これでは「睡眠負債」の返済はできない。 週末だから、ずっと寝続けるのはダメ。 人間の体内時計は、睡眠と覚醒のリズムがあり、起きて光を浴びることでスタートします。 光の刺激が目に入ると、その刺激が睡眠物質のメラトニンの分泌をストップさせる。 そして、光を浴びた15~16時間後にふたたび眠気が起こる。 平日は通学や出勤時間...
低脂肪ダイエットが、    うつの原因かも!? 今回、カロリーを控えるために油を控える低脂肪ダイエットが うつ病の原因かもしれないというお話。 ダイエットを気にする女性にとって、「油」はあまりイメージが良くない。 ですが、結論から言えば油はセロトニンなどのホルモンを作る原料。 だからが不足すれば、うつになる。 本来は、良い脂肪をたくさん摂るのが正しいダイエット。 タンパク質と野菜ばっかり食べて脂肪を抜けば確かに痩せてきますが、 どんどん気分は沈んでいく。 なかなか眠れず、イライラする。 原因は油の一種グリシンの不足。これは必須アミノ酸の一種でして、 豚肉や鶏肉の脂肪に含まれる成分。 お肌のコラーゲンを保つのに重要なほか、うつの改善に必要な幸せ物質と 言われるセロトニンの分泌にも必須。 一番おすすめは ココナッツオイル、ココナッツミルク、MCTオイル、パーム核油2番 放牧牛の牛脂、オーガニッ...
俳優の萩原流行さん バイク事故で死亡 2015年4月22日 俳優の萩原流行さんに、向精神薬をやめて整体でうつを改善する様に、 おすすめしたかったのですが、 西洋医学の方が即効性があり、うつの方は回復している事よりも、 少しでも悪化すれば、 整体を始めたころよりもはるかに改善していたとしても、 悪化した方ばかりに目が行ってしまうために、 鬱病の整体は家族の協力がないと、継続が非常に難しいのです。 やや元気なころ奈良に来られた萩原流行さんとのツーショット写真 もしも夫婦でうつでなかったなら、車やバイクを運転させることはなかったし、 うつの改善を精神科まかせにしなかったのでしょうが・・・。 以下ニュースより引用。 俳優の萩原流行さん バイク事故で死亡 2015年4月22日 俳優の萩原流行さんが22日夜、東京・杉並区の路上で倒れているのが見つかり、死亡しました。 警視庁は萩原さんがオートバイで転...
8月3日に【TBS駆け込みドクター】で睡眠特集をやっていました。 寝苦しいこの季節、特に気になる睡眠時の暑さ対策についての内容でしたので、 それに補足したいと思います。  皆さんは夏の夜、暑さで眠れなかったり、 汗ビッショリで夜中に起きたりしませんか。 TBS駆け込みドクターでも、 人間は、湿度が高いと、汗を蒸発できず、 体はベトベトになるし、気温以上の暑さを感じるわけです。 こんな状態では不快で寝にくいですね。 だから、クーラーや扇風機を活用する人は多い。 ところが、このクーラーや扇風機の使い方が意外に難しい。 下手な使い方をすると、夏バテや冷え症を助長するので、 以下の内容を参考にして下さい。 人間の体温には、夜寝る前にピークがあり、 それ以降体温が低下するというリズムがあります。 そして、この体温が低下するときに眠気を感じ、 低下の幅が大きいほど強い眠気になる。 蒸し暑い夜は、低下...
この世の中から、いじめを無くす方法はある。  いじめは、いつから始まったのか考えれば、 いじめの原因は簡単なこと。 私は、子供のころ、幼稚園から、中学生まで、ひどいいじめに苦しんだ、 どうすれば、いじめられないのか? いつも考えた。 強くなればいじめられないと考えて、少林寺拳法も習った。 いじめられないように、偏差値の高い高校にも進学した。 しかし、どこに逃げてもいじめは追いかけてくる。 なぜか? いつも、心に、目の前の人にいじめられるのでは? 誰かにいじめられるのでは? という、不安や恐怖やイメージが浮かんでくる。 これが、いじめられっこの心理。 そして、その思いから、いじめられビームと言うか、 いじめられる空気を発してしまう。 そして、いじめっ子は、その空気に引き寄せられてくる。 いじめられっ子たちを観察していると、 なぜか?無性にいじめたくなる。  いじめに苦しめられた自分は、決して...
近視の原因は日光に当たる時間の短さ http://www.354976.jp/sub/2013/04/post-166.html という研究結果が発表された、 遺伝・テレビゲーム・読書・パソコンは関係ない! では、目が悪くならないために、 どの位の光をどれだけの時間浴びる必要があるのか? モーガン教授の、BBCの記事より紹介。 「目が悪くならないためには、野外の光を一日2~3時間浴びる必要がある。 晴てない日でも、イギリスの曇りの日でも良い(日本なら北海道でもOK)。 効果がある範囲は、1万~2万ルクスと考えられるため。」 さて、1万~2万ルクスとのことです。 ロンドンの曇り日の明るさくらい。 屋内でも可能じゃないかと思って調べた。 アマゾンなどで、1万ルクスの照明(リズム障害を治療するための機械)を、 いくつか販売していた。 例えば、ブライトライトME+や、 OKIRO(オキロー)の光目...
 ウツを精神栄養学で改善する!?                                                                 NHKあさイチ9月12日(水)より 日本人の20人に1人がかかるという「ウツ病」。 主な治療法は、効かない薬と休養くらい・・・。  しかし、新たな(・・・?!)治療法としてNHKあさイチが、 精神栄養学に注目した!  (今頃?・・・。) 今回は、食事療法で、ウツの症状が改善したケースを取材。 ウツ病の人がに不足しがちな栄養素や、ウツ予防に効果的な食事法など、 最新の精神栄養学による、ウツを改善する食事法をご紹介。 【武田英二さんの著書】 ・『脳からストレスを消す食事』(ちくま新書)  ウツ病に不足しがちにな栄養素。 【ウツ病と関係の深い栄養素】  <ビタミン>・ビタミンB1、B2、B6、B12・葉酸 <ミネラル類>・鉄・亜鉛 <脂...
NHKためしてガッテンで、 過呼吸(過換気症候群)に紙袋を口に当てる応急処置は殺人行為とやっていた。 精神的なプレッシャーや極度のストレスなどから、 呼吸が激しくなり倒れる「過呼吸(過換気症候群)」。  この過呼吸に悩む人が増加しているという。 実は、過呼吸になった人にする 「紙袋を口に当てる応急処置」が、 大間違いだとわかった。 この応急処置が原因で患者の死亡事故も報告されている。 その死因は窒息死。 いったいなぜ、窒息するのか? そしてなぜ、「紙袋を口に当てる応急処置」が有名になったのか? 過呼吸になると、私たちの体では何が起きるのか? その謎を探ると、 過呼吸(過換気症候群) の正しい対処法が判明! さらに、死につながる危険な過呼吸を見分ける方法を、 NHKためしてガッテンが放送した。 まず、 過呼吸の症状を調べるため、ある病院の救急外来に取材。 運び込まれる患者は呼吸が速く激しくな...
整体師からみたうつ病の原因 精神医学では、うつ病は精神的な病気というが、 整体では、うつ病も脊椎のズレが原因で起きる病気と見る。 うつ病にも、不眠を伴ううつ病と、 不眠を伴わないうつ病がある。 東洋医学は、未病という言葉を使う。 未病とは、はっきりとした症状はないが、 いつ発病してもおかしくない状態。 うつ病にも、病気とは言えない未病の状態がある。 例えば、落ち込む、引きこもり、マタニティーブルー、育児ノイローゼなど、 それらを脊椎の状態を見れば、一様に類似した傾向が見られ、 うつ状態の強い弱いは、背骨の弾力とほぼ比例しています。 まず、不眠を伴わないうつ病は、 整体的に見ると、胸椎9番の左二側(背骨の2センチ横) に強い硬直があり、左側の骨盤が開き、骨盤の動きが悪くなり、 それに関係して、左側の後頭骨が下がり、その下縁が弛緩(ゆるむ)している。 骨盤の左側と後頭骨は常に連動していて、 こ...

MT42BlogBetaInner

カテゴリ

最近のコメント