2017年10月アーカイブ

企業主導型保育園って、なに?  企業主導型保育とは、簡単に言えば「会社の従業員のためにつくったの保育園」ですが、 地域枠が余っていたら、誰でも入園できます。 しかも、内閣府が、手厚い助成金を出しているので、 参考:内閣府ホームページ なんと、これが、公立の認可保育園以上に人気が出そうな保育園なのです。 厚生労働省の「給食に、必ず牛乳を飲ませろ!」みたいな、おかしな規制にも、 無認可だから、縛られる必要はありません。 保育士さんも牛乳アレルギーの子供にピリピリ神経を尖らせる必要がないですね~。 法的には、無認可保育園(認可外保育施設)なのに、 保育士の待遇も、認可保育園以上のところが多いです。 「企業主導型保育」は、企業のニーズに応じた、保育所の柔軟な設置・運営を助成する制度で、 平成28年度から始まったばかりの新しい事業です。 認可外保育施設ですが、国から、認可保育所なみの助成...
認可保育園と無認可保育園の違いは? 保育園の選び方、保育園探しのコツを、分かりやすく解説。  「保育園」には、たくさん種類があります。 全ての保育園を説明するとややこしいので、サクッと説明すると、 保育園は、法律上、大きく認可保育所と認可外保育施設に分かれる。 その中で、昔から「保育園」といえば、 認可保育園(認可保育所)と無認可保育園(認可外保育施設)が有名ですね。 この2つから説明します。 認可保育園とは? 「認可保育園(認可保育所)」は、厚生労働省の基準(施設の広さ、保育士の人数、給食設備など)を クリアし、県知事(大都市なら市長)に認可された施設です。 「認可保育園」は、国から補助金が出て、そのうえ自治体からも補助金が出ます。 子育て支援に積極的な自治体は、上乗せ金額が高い。 認可保育園は、「公立」と「私立」があります。 「公立」の保育園は自治体が、「私立」の認可保育園は社会福祉...

MT42BlogBetaInner

カテゴリ

最近のコメント