バイリンガルの親が幼児英語教育をしない理由 【2】英語だけでなく日本語までデキソコナイになる危険性が

| コメント(0) | トラックバック(0)

ペラペラな親ほど早期英語教育に"冷淡" 

英語がダメな親ほど超必死!?
ライター・編集者 蜂谷 智子さんのプレジデントオンラインより引用

蜂谷 智子さんは、英語専門の出版社勤務時代の職場には日英バイリンガルが多かった。

しか~し、

彼らは、我が子の英語教育に冷静だった。

仕事で英語を武器にし、バイリンガルな彼らが、

かわいい我が子の英語教育に熱心でないのは、なぜ? 


彼らの考えを取材して、3つの理由が明らかに。

バイリンガルの親が幼児英語教育を焦らない理由その1

幼児英語はすぐ忘れてしまうから の続き


バイリンガルの親が幼児英語教育をしない理由

【2】英語だけでなく日本語までデキソコナイになる危険性が


子どもに日本語と英語をバランスよく習わせるためには、

単純に考えて2倍、努力しないといけない。

日本語は世界で最も難しい言語。

日本語だけ勉強しても大変なのに、

同級生と同じ努力だと、落ちこぼれて子どもに大きなストレスに。

最悪、どちらの言語落ちこぼれの「出来損ない」英語で"ダブルリミテッド"になってしまう。

バイリンガルの親たちは、そんなダブルリミテッドになってしまった子供をたくさん見てきている。

だから幼少期からの英語教育を行う場合「英語の音に慣れさせる程度」がいいと児童英語教師は言う。

発音を聞き取る脳の発達は、小学校くらいまでに完成してしまうためだそうだ。

私(マイケル)の経験では英語も日本語も楽しい!って感じてくれる、

お喋り大好きな子供には英語教育も良いかもしれないが、

「二兎を追う者は一兎をも得ず」人見知りな子供には、ストレスで逆効果ではないかと思います。

次回

バイリンガルの親が幼児英語教育を焦らない理由
【3】やる気になればできるはずだから

IMG_4568.JPG

子供たちの幸せをねがう 

        ママのための一条整体院>>>

〒630-8115  奈良県奈良市 大宮町5丁目1-4 1F   

   0742-35-4976 お気軽にお電話下さい。
   9:00~18:00 土曜は2:00まで 水日祝休 

 

24時間ネットで整体予約ならこちらをクリック>>>

 

子育て支援のために、クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.354976.jp/mt5/mt-tb.cgi/212

コメントする

MT42BlogBetaInner

カテゴリ