2017年2月アーカイブ

なぜ、「カカト落とし」に糖尿病改善する効果があるの?  NHKガッテンで、中島友紀教授(東京医科歯科大学節情報伝達学)が、 「かかと落とし」でオステオカルシンが増える説明した。 骨の細胞(4)は上記の様に、それぞれがつながり合っています。 振動などの刺激が伝わると、骨の細胞ネットワークが活性化して、オステオカルシンが分泌されます。 つまり、一部分の骨でも刺激すれば、全身の骨ネットワークで、情報伝達され、 オステオカルシンが分泌されるということです。   ジャンプの方が刺激が強くて良いのでは? 「カカト落とし」は、体の弱い人、お年寄りでも簡単にできる方法ですが、 ジャンプの方が、よりオステオカルシンが出る効果が強いと思いませんか? しかし、ガッテンの中島教授によると、「ジャンプも悪くないが、ひざを痛める可能性がある」 だから、オススメしないという。 「カカト落とし」だけで、充分、刺...
糖尿病改善する骨ホルモン(オステオカルシン)が、骨盤矯正でも出る?  ガッテン!「脳を活性化!血糖値ダウン!新発見"骨ホルモン(オステオカルシン)"」2月15日(再放送:2月21日)より。  ガッテン!(NHK)での「カカト落とし」が糖尿病に効果があると実験で確かめた。 「カカト落とし」の効果をNHKガッテンで実験。 40~70歳代の男女80人の血液検査をしてオステオカルシンの量の平均は4.3。 このオステオカルシン量が平均の半分以下の6人を選んで「カカト落とし」の実験をする。    実験前の6人の男女は、骨密度には問題なし。 しかし! 糖尿病の検査に使うHbA1c(ヘモグロビンA1C)が、6~8と高い数値で、 糖尿病予備軍の人までいた!       ※   HbA1cは、5.5以下が正常 つまり、オステオカルシン(骨ホルモン)の少ない人は全員糖尿病の疑いあり!という事。  「かかと落...
 林先生の初耳学や金スマで話題のダイエット! いろんなダイエット法がある中、簡単に痩せられた!くびれができた!と書き込みが殺到している猫のびダイエット。 たった1日3分で痩せる!かんたんダイエット。 猫のびダイエットを3人の女性が1週間試した。うち1人は、ウェスト98㎝→90.5㎝と7.5㎝も減って、体重が3㎏も減った! 猫のびダイエットで、他の2人もウエストが-6㎝、-5㎝細くなった。  【猫のびダイエットのやり方】 1.四つんばいで、手と足の指を床につける。 足の幅はこぶし2個分。 2.鼻から息を吸いゆっくりお腹を持ち上げる。 ※お腹を凹ませると、痩せるホルモンをつくる副腎が刺激され代謝がよくなる。 3.お腹を凹ませた状態で9秒息を止めたら「にゃー」と言いながら息を吐きヒジから先を床につける 4.息を吐ききったらその状態で9秒息を止める 朝昼晩少しの時間に数回やると効果的とのこ...

MT42BlogBetaInner

カテゴリ

最近のコメント