前置胎盤の治し方、原因、対策。帝王切開しない方法は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は前置胎盤の治し方について。

え?前置胎盤って治るの?!整体で?!

と驚かれますが、実際に何人もの前置胎盤の妊婦さんが来院してます。

そして前置胎盤の原因と、対策。

帝王切開しない方法は?

前置胎盤について詳しく解説しながら、

より危険な癒着胎盤についても解説します。

 「前置胎盤」は出産の大きなリスクになるのは有名で、

帝王切開になることが多い。

この前置胎盤が整体で治る?!というお話の前に。

まず、あまりご存知ない方のために、前置胎盤とは?

を解説します。

 前置胎盤とは、胎盤がついた場所が悪く、

赤ちゃんが出てくる子宮の出口(子宮口)を塞いでしまう状態のこと。

子宮は、子宮口を下にした風船のような形で、

正常な胎盤は子宮の上側に貼り付くが、

taiji.png

前置胎盤は逆に下側の子宮口付近に胎盤がある。

 
《前置胎盤の種類》

前置胎盤には、

「全前置胎盤」、「部分前置胎盤」、

「辺縁前置胎盤」

の3種類ある。

 

  • 「全前置胎盤」は、胎盤が

  子宮口のほぼ全体を塞ぐ最悪の状態

全前置胎盤.jpg

 

  • 「一部(部分)前置胎盤」は

   子宮口の大半が塞がれている

一部前置胎盤.jpg

 

  • 「辺縁前置胎盤」は前置胎盤の中では一番ましで、

   整体に来られるのはこのタイプが多い

辺縁前置胎盤.jpg

子宮口の一部にだけ胎盤がかかっている。

 

  • この他、子宮口にかからないが、

  胎盤の位置が低い、「低置胎盤」というものもある

子宮口は赤ちゃんが産まれてくる産道の入口なので、

胎盤で子宮口が、ふさがれると胎盤が剥がれて大量出血などで命の危険がある。

だから、どの前置胎盤でも、普通は帝王切開での出産となる。

 

《前置胎盤の原因は?前置胎盤の予防法は?》 

前置胎盤の原因は、整体東洋医学的には骨盤のゆがみですが、

西洋医学的には原因不明で、一応、

流産、人工妊娠中絶、帝王切開、普通の出産、子宮手術の経験、喫煙習慣、

高齢出産などで子宮内膜が傷つくと、前置胎盤なるのではという。

しかし、今まで一条整体院に前置胎盤で来られた妊婦さんは全員初産。

嘘つかれたら仕方がないが流産や中絶の経験もないといわれた。

命がけの出産にのぞむ女性が嘘の申告を整体師にするということは、

ちょっと考えられなくないですか?

だから西洋医学は、原因不明のため、予防もできないとされる。

が、前置胎盤の予防法はないのか?

もちろん、整体師からみれば、妊娠前にブライダル整体をきっちりすれば、

ほぼ防げると私は信じる。
(14年過去約3000人の妊娠前に骨盤矯正に来ていた方に過去1人も前置胎盤になった人いません)

 

《 前置胎盤の症状は?》

前置胎盤の症状は、腹痛を伴わない出血、内診時の大量出血。

基本的に痛みはなく、注意すべきは出血。

症状が現れるのは、ほぼ妊娠28週以降だから、

出血があればすぐ整体より前に、産婦人科で検査した方が良いでしょう。

危険な事も知らされずに強い整体をして万が一、大量出血しても、

対処ができません。

妊娠週数を重ね子宮が大きくなると胎盤が上に上がる事があり、

前置胎盤との断定するのは、妊娠32週前後。

前置胎盤と診断されれば、安静が必要。突然の大量出血に対応するため

入院になる事もある。

そのために前置胎盤を整体で改善しようとするならば、

妊娠28週から32週までの4週間しかチャンスが無いことが多い。

この期間に整体をしても良いかと産科医に尋ねれば、

当然NOと言われる。

どんな事をするのか分からないのに、「安全です、どうぞ」と、

医師が言えるはずが無い。

だから、一条整体院の7年の歴史の中で、「前置胎盤を治して欲しい」と、

言ってこられたのは過去4例だけですが、

現在のところ全員自然分娩で無事出産されてます。

薬や手術などで前置胎盤を治療できるわけもなく、対策はベッドで安静にするだけで、

ひたすら帝王切開が出来るようになるまで胎児の成長を、待つだけ。

もちろん運動や夫婦生活は控えるように指示をされる。

 

《前置胎盤は帝王切開での分娩》

多くは、妊娠37週末までに帝王切開での出産になるが、

胎児の発育状態により、早めに帝王切開する事も。

多量の出血に備え、妊娠33週頃から、「自己貯血」つまり自分の血を献血して

用意しておく場合もある。

出血が酷すぎ、どうしても血が止まらない場合、最悪、

子宮を摘出することも覚悟して欲しいと言われることもある。

なお、前置胎盤と診断された場合、NICUのある総合病院や大学病院など

設備が整った総合病院が望ましい。

 
《前置胎盤には、骨盤矯正》

大量出血が心配される前置胎盤ですが、

骨盤矯正が有効に働くことが多い。

え?危なくないの?

いつもの整体院やカイロで妊婦と言うだけで断られたのですが?

という声が多いですが、前置胎盤は骨盤矯正、特に仙腸関節のずれを

矯正すればそれほど恐いものではありません。

決して衝撃を与えるアジャストではなく、ずらすソフトな矯正だけで、

大丈夫です。

ただし前置胎盤はもっと危険な癒着胎盤の可能性も高いので、

もしも癒着胎盤の場合は、

骨盤矯正をしても胎盤が動かない可能性もあります。

週に2回整体をして3週間たっても全く変化がない場合は、

癒着胎盤の危険性が高いでしょう。

最悪その場合は、帝王切開しかなく、

しかも子宮を全て摘出しないと、大出血で命に関わることがあります。


 2004年12月17日に福島県立大野病院で前置胎盤の帝王切開手術を受けた

産婦が死亡した事件が報道されましたが、

3人目もほしいから「絶対に子宮はとらないで!」と医師に頼んでいたことも、

医師が子宮全摘の判断を遅らせ死亡の原因になったのではと思います。

最新のエコー検査では癒着胎盤が見つかる場合があります。

出産は命がけの大事業です。

癒着胎盤は初産ではあまりありません。

二人目だからと油断せず、命に関わる事は医師の判断に任せましょう。

前置胎盤の患者さんからの喜びの声なら>>>

014.JPG

 子供たちの幸せを願う

        ママのための一条整体院(奈良院)

〒630-8115 奈良県奈良市大宮町1丁目3-7-1F 

      0742-35-4976 お気軽にお電話下さい。
       9:00~18:00 土曜は2:00まで 水日祝休

 
24時間ネッ初回検査カウンセリング料トで整体予約ならこちらをクリック>>>

 

子育て支援のために、クリックお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

一条整体院一条整体院

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.354976.jp/mt5/mt-tb.cgi/212

コメントする

MT42BlogBetaInner

カテゴリ