痩せる塩と太る塩

| コメント(0) | トラックバック(0)

    「痩せる塩」「太る塩」

「塩」を減らすことは、ダイエットにとって重要。

「ダイエットには減塩が重要」と言うことは、有名になりつつある。

しかし、塩は料理の味つけに欠かせない・・・。

そこで、食塩には、太る塩痩せる塩があることを、

説明したい。

太る塩とは、体がむくんで、食欲が増えすぎて太るだけでなく、

高血圧、などの病気になったり便秘、薄毛の原因にもなる。

痩せる塩とは痩せやすい体を作るだけでなく、

美肌、快便、血圧の安定などに効果がある塩のこと。

 それなら、健康に良い塩を使いたい。

しかし、塩売り場で、そんな説明はしてくれ無いので、

どれを買ったらいいか分からない・・・。

そこを説明。

まずは、化学薬品塩

これは、イオン交換樹脂膜法によってつくる塩。

(塩化ナトリウムが99%以上)

私たちが使う塩のほとんどがこれ。

食塩、食卓塩、クッキングソルトなど。

「精製された塩」とも呼ばれる。

これは、す、健康塩。

海の塩が精製され、ミネラルを全部捨てられて、

100%、塩化ナトリウムができるが、

そのままだと湿気で固まるので、

固まらないように「炭酸マグネシウム」をわずかに添加する。

それ以外はほとんど何も含まれていない化学的に合成した塩。

この体に悪い塩が、私たちが食べる、

ほとんどの食品に使われる。

たとえばソースや味噌、醤油 ドレッシングなどの調味料、

スーパーやコンビニのお惣菜や弁当、

レトルト食品やカップラーメンなどの保存食品。

もちろん外食なども・・・。

「天然塩使用」などの特別な表記がない限り、

ほとんど全てが、この「精製された塩」が使われている。

この精製された塩は、

いくらダイエットしても下半身が痩せない人、足がむくむ人、

薄毛が進んできた人や、

高血圧の薬を飲んでいる人も、

精製された塩を使っていたら・・・。

つまり、

私たちが毎日食べているのは、塩化ナトリウムが99.6%以上の化学塩。

 精製された純度の高い塩で、ミネラルを含まない塩。

 これは食品の塩とはいえない塩化ナトリウムという化学物質、

薬局で売るべき副作用のある化学合成薬品。

そうなった原因は、

1997年に塩専売法が撤廃されたため。

 自然塩の製造販売の自由化が認可され

 自然な塩で健康を取り戻すチャンスがきた。

 しかし、テレビやマスコミではあまり取り上げない。

 そして20年も、精製された塩を使ってきた時代が長かったため、

 その精製された塩によって病気になった人々が続出。

 それを見た、医師や栄養士が減塩思想を広めたために、

 健康である人まで極端に減塩して必要な塩分まで不足して、

 低血圧や低体温、免疫力低下、記憶力低下・・・。

 また他の病気が増えてしまった。

【まとめ】

  1. 精製された塩は体のバランスを崩す。
  2. 「減塩」商品は逆に体に毒。
  3. 天然塩っぽいニセモノ天然塩が多くある。

 韓国のテレビ番組で、

水槽に、天然塩と精製塩でそれぞれ作った塩水に、魚を入れる実験をした。

天然塩の魚は元気に泳ぎ回っていたが、

精製塩の魚は動かなくなって、

死んでしまった・・・。

さて、天然塩には、自然の力を高める。

自然の力とは、ここでは、例えばダイエットなら、

「太っている人は痩せ、痩せすぎの人は正常になる。」

健康面なら、

「血圧の高い人は下がり、血圧の低すぎの人は上がる」

などのようなもの。

精製された塩は痩せにくい体になり、

痩せていても筋肉がなく、脂肪だけが残って

二の腕のお肉タルタルや目の周りに小じわ、

法令線がクッキリと老け顔になる。

では「体健康になる塩、痩せる塩」はどれか?

 再生加工塩

これは、よく騙されるニセ天然塩。

まず輸入天日塩(工業用の原料塩)を海水で溶かして加熱し、

塩化ナトリウム99%以上に精製する。

この時にミネラルが失われるが、

ニガリやミネラルを添加して、作った人工的な塩。

値段は1kgで200円~400円くらいと安いので、スーパーなどでよく置いてある。

『伯方の塩、赤穂の天塩、あらしお、昔塩、なると浜の塩、おふくろの塩

 沖縄の塩、天日塩、南の極み、などなど』

他にも多数ある。

パッケージを見ただけでは、海水を使った自然塩。

しかし、後からニガリを添加する天然塩もどきが、たくさんある。

私も自然塩を使ってると思って伯方の塩や、赤穂の天塩を遣っていた・・・。

では「天然の塩もどき」から。

薬膳やマクロビなどでも実際に使われている自然塩を紹介。

◇天日干し加熱塩

天日干しをして、さらに加熱加工した物。

物により、低温平窯でじっくり加熱するため、

ミネラル分は多い。 

値段は1Kgで1000~2000円くらい。

『海の精、能登の浜塩、男鹿半島の塩、自然海塩、あらなみ塩、など』

加熱して無くなる成分が無くなってしまっているが、

 比較的、安いので、加熱料理のときに使うとよい。

 ◇天日干し塩

一番良いのは、この完全天日干しの自然塩。

塩田の海水を、太陽と風だけで、自然乾燥、結晶させても、

加熱や添加は一切しておらず、

 海のミネラルが、ほとんど含まれる。

値段は1kg3000~6000円くらいとかなり高い。

しかし、塩は砂糖のように大量に使うわけではないので、

健康のことを考えれば、

子供たちや、これから赤ちゃんを産みたいと考える女性には、

ぜひ使っていただきたい。

『海の晶、小笠原自然海塩、いごてつ、室戸海洋深層水塩など』

オーガニック専門店や専門通販などで、買えます。

食に気を使う方は御用達の有名な塩。 

★完全天日塩の「海の晶」(240g・788円)

これは高いので、生サラダや漬物、発酵させる塩麹を作る時など、

加熱をしない時だけに使うのがオススメ。

「奥能登海の塩」もオススメ。

完全天日干しは値段が高いので、

 加熱する料理には、天日干し加熱塩を使うと良い。

 その中でも、低温加熱の物は人間の体温に近い温度で作ってるので、

体内に入った時に、体に必要とされるミネラル分が吸収されやすいという。

では、岩塩は?

岩塩は、天然塩ではありますが、

 岩塩になるまでの時間が長くかかり、

 ミネラル配合のバランスが悪い物もあるが、

 精製された塩を使うよりは、良い。

 でも、やはり海のミネラルバランスがベスト。

マクロビや薬膳なんかでは、必ず海水の自然塩を使う。

マクロビなどで「身土不二」という言葉がある。

「その土地で生まれ育った人は、その土地でできた食物が最も体に適している」

 という意味。

日本の土壌では、岩塩の持つミネラルバランスより、

海水の自然塩ががオススメで。

以上が、太る、体に悪い塩と

痩せる、健康になる塩の違いでした。

http://ameblo.jp/miuhenge/entry-11240758264.html

カティー体内美フード薬膳師のブログより引用

yuki.JPG 

奈良でこんな雪は初めて? 

        託児無料一条整体院奈良本院>>>

〒630-8115 奈良県奈良市大宮町 1丁目3-7 ミヤトモビル2F

      0742-35-4976 お気軽にお電話下さい。
 

24時間ネットで整体予約ならこちらをクリック>>>

子育て支援のために、クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.354976.jp/mt5/mt-tb.cgi/483

コメントする

MT42BlogBetaInner

カテゴリ

月別 アーカイブ