骨盤底筋エクササイズ 便秘から「尿もれ」を引き起こす?!

| コメント(0) | トラックバック(0)

便秘から「尿もれ」を引き起こす?!

「年齢とともにお腹がたるんだ」

「便秘が・・・」

実は、これらの原因は骨盤底筋のゆるみが原因かも?

放っておくと、もっと恐ろしい事態が...!

 今回は、便秘やお腹のたるみのを改善する

骨盤底筋エクササイズをご紹介。

◎便秘とお腹のたるみが尿もれをまねく

なかなか便秘が解消しない方、お腹のたるみが気になる方、

それは骨盤底筋のゆるみが原因かも?

骨盤底筋とは、骨盤の底にハンモック状にはりめぐらされている筋肉の総称。

骨盤底筋は子宮をはじめ、からだの大事な臓器を支えている重要な筋肉。

骨盤底筋がゆるむと、内臓がどんどん下がる。

すると、お腹はたるみ、腸が圧迫され便が出にくくなる。

それだけではなく、若くして尿もれを起こすことも。

それは、骨盤底筋がゆるんで、内臓がどんどん下がり、

膀胱が圧迫されたり、尿道が締めれなくなるため。

最近は、10代でさえ尿もれを起こす人が増えている。

さらに、骨盤底筋が弱りすぎると、子宮などの臓器を支えられず、

膣内に落ちて、体外で出る事も起こる。

これを骨盤臓器脱という。

たかが便秘だと甘く見ると、危険。

便秘やお腹のたるみを軽視せず、対策をとる。

◎骨盤底筋を鍛えるエクササイズ

便秘やお腹のたるみを改善し、尿もれや骨盤臓器脱を防ぐために、

まずは、

骨盤底筋力チェック


チェック1:トイレで排尿する際、一瞬、止められるか?

       止めたいのに止められない方は要注意! 

       骨盤底筋を毎日鍛える。

チェック2:肛門を15秒以上ギュッと締められるか。

       息を止めずに行う。

この両方が出来ないなら、毎日骨盤底筋エクササイズを行う。

 

骨盤底筋エクササイズ

実は簡単。

上のチェック2つと同じことを行う。

1つ目は、トイレに行く際に、毎回一瞬止める。

2つ目は、1分間に12~14秒肛門をギュッと締めて、あとは緩めてリラックス。

これを10回ほど繰り返す。

12~14秒が難しいなら、5秒からでも始めてみる。

それでも難しいなら、坐骨が開いているから骨盤矯正してから、

エクササイズすると楽にできるようになる。

椅子に座りながらでも、おやすみ前に横になってからでもOK。

さりげなく学校や職場などでやってみる。

同時に、おへそ上に引き上げながら行うのがベター。

いかがですか? 

10代でも尿もれをおこしたり、臓器が体外に出るなんて・・・。

骨盤底筋は、こんな簡単なトレーニングで十分鍛えられるので、

毎日の習慣にすることをオススメします。

面倒くさいって方は、骨盤矯正に定評のある良い整体院をお探し下さい。

IMG_4178.jpg

子供たちの幸せをねがう

        ママのための一条整体院(奈良院)>>>

〒630-8115 奈良県奈良市 大宮町1丁目3-7-1F

  0742-35-4976 お気軽にお電話下さい。
 

24時間ネットで整体予約ならこちらをクリック>>>

子育て支援のために、クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

     

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.354976.jp/mt5/mt-tb.cgi/212

コメントする

MT42BlogBetaInner

カテゴリ