ぎっくり腰「なってしまったら?ならないためには?」骨盤矯正NHKあさイチ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ぎっくり腰の原因NHKあさイチの続き

 

ぎっくり腰編「なってしまったら?ならないためには?」

 

 ぎっくり腰になってしまったときにはどうすればよいか?

実は、整形外科では炎症が静まるまで「放っておく」しかないと言う。

だから発症直後は消炎鎮痛剤を服用しても良い?

 

オイオイ!

 

せめてシップぐらいにしたほうがいいんじゃない?

 

氷で冷やすほうが副作用は無いでしょうが・・・。

 

しかし、

早く回復するのためには、安静にしすぎてはいけない。

無理のない範囲で動くことが大切。

 

そして、動きにくくなった筋肉を伸ばして、骨のすれを直すと、

早く痛みはなくなる、

ためしてガッテンの司会者が腰痛のときは、

整形外科ではなく、いつも整体のお世話になっていると発言していたが、

あさイチでは整体や東洋医学の話しは全く出なかった。

 

整体に行けなくても動いたほうが、筋肉が伸びて血流が改善されるので、

改善は早いが、やり方によっては激痛が走るので、

無理のない範囲で、出来れば専門家の指導の元で運動するのが良い。

 

ただし、ぎっくり腰ではなく、違う病気の可能性もある。

安静にしていても痛い場合や、

痛みが日に日に強くなる場合は、

癌などの可能性が高いためMRIなどで医師の診断を受けるべき。

 

ぎっくり腰で苦しまないためには、予防が最も大切。

 

腰に負担がかかりにくい姿勢を心がけることで、

 

ぎっくり腰のリスクを下げることが出来る。

 

例えば

・くしゃみをするときには?→台に手をつく

・ものを持ち上げるときは?→しっかり近づいて、ひざを曲げ胸を張る

・掃除機をかけるときは?→立て膝で胸を張る姿勢で

・台所で洗い物をするときは?→台を用意し、片足を乗せる

 

また日頃から運動の習慣を付けると、ぎっくり腰発症のリスクが低減。

整形外科医がオススメは、負担にならない程度の全身運動。

例えば、散歩。

 

ゲストが歩くと腰が痛くなると発言していたが、

 

骨盤が歪んだまま散歩しても腰痛は悪化するばかり。

 

歪んだ骨格には歪んだ筋肉がつく。

 

ギックリ腰の予防は、まずは骨盤矯正から。

018 (3).JPG

 

子供たちの幸せを願うママのために

   託児付き 一条整体院

奈良県
 ・ ママのための一条整体院(奈良院)
   〒630-8115
  奈良県奈良市大宮町1丁目3-7-1F
   0742-35-4976
   http://www.354976.jp/
 9:00~18:00 土曜は2:00まで 水日祝休

大阪府
 ・グレース整骨院(東住吉区)

〒546-0043大阪市東住吉区駒川1-8-22
北田辺駅前マンション1F
TEL & FAX 06-6714-6569


女性の悩みに答える整体師になりたいなら 一条整体学院

〒630-8115 奈良県奈良市大宮町1丁目3-7-2F 0742-94-8898

http://www.naraseitai.jp/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.354976.jp/mt5/mt-tb.cgi/212

コメントする

MT42BlogBetaInner

カテゴリ