片頭痛・緊張型頭痛の原因と治療なら

| コメント(0) | トラックバック(0)
 

片頭痛の原因は、

 

頭蓋骨から骨盤までの

脳脊髄液の流れが

悪くなるから、

骨盤矯正だけで、偏頭痛が治ることもあるのが

 

その証拠。

 

頭蓋骨矯正と頚椎矯正まですれば、

 

今まで頭痛が治らなかったことは無い。

 

脳や血管ばかり見ている、

専門バカになってしまうと、永久にわからない。

 命にかかわらないような病気は、研究医はまじめに研究しない、

国の予算の半分は東大医学部が残りの半分を京大が、

残り1/4をすべての大学が使うと京大医学部出身の医師から聞いた。

 

頭痛学会の理事を、獨協大学などの三流(失礼!)大学の教授がやってるのは、

片頭痛などはバカにしている証拠、

頭痛学会ではなく、頭痛(をたくさん売るための)学会

でしょう?

研究予算は製薬会社が出しているはず。

研究している医師はクスリ屋の言いなり。

都合のいいデータを上げ、

夢の新薬誕生!と褒めちぎる・・・。

 

 

 私がホームチーチャーで教えた、

今年東大寺学園高校3年生で学年5位以内の子

5年前に整体してて、

今、喘息は、すっかりよくなったが、

最近、勉強しすぎて頭痛がするという、

出世払いだと、整体すると、一瞬で痛くなくなった、

京大医学部合格したら、

私の偏頭痛脳脊髄液学説を発表してもらう約束をしている。

製薬会社から、たたきつぶされるだろうが、

私が死んだ後に、彼はノーベル医学賞がもらえるかも・・・? 

 

頭痛が得意な奈良の整体院TOPへ>>>

 

*「片頭痛」は「偏頭痛」とも表記するが、医学では「片」を使う。

  

 

 

      頭痛専門整体の記事

 

 

     応援ありがとうございます、おかげさまで本日は、全国3位

     奈良の整体院・骨盤矯正専門の医療ブログもよろしく

 

参照      

片頭痛と緊張型頭痛と新型頭痛


「片頭痛の特徴」
1.こめかみのまわりが痛む
2.ズキンズキン脈打つように痛む
3.体を動かすと痛みが強くなる
4.頭痛と一緒に吐き気が起きる
5.強い光・大きな音で悪化
6.冷やすと楽になる
7.生理前後に起きる
8.不思議な形の光が見える
9. マッサージすると悪化


「緊張型頭痛の特徴」
1.後頭部から首筋が痛む
2.ドーンと締めつけられるように痛む
3.体の動きと痛みは関係ない
4.頭痛と一緒に肩こりがある
5.光や音は関係ない
6.温めると楽になる
7.疲労やストレスで起きる
8.光が見える前兆はない

9. マッサージすると治る

 

新型頭痛

「新型頭痛」は「変容性頭痛」とも言い、

頭痛薬の乱用が原因で、

もともとの頭痛(片頭痛・緊張型頭痛)がまったく別の形になったもの。
症状は人によって個人差があり、

2週間近く断続的に痛むなど重症化することが多く、治りにくいのが特徴。

頭痛の鎮痛薬は、正しく使用すれば問題ないが、飲んでも痛みが治まらず、

月に10日以上飲む場合は注意。

片頭痛治療薬 トリプタン

トリプタンは血管の拡張を鎮める効果が高く、

多くの片頭痛が改善すると言う。

購入には医師の処方せんが必要。

このトリプタンも乱用すれば、片頭痛の症状を悪化させる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

片頭痛の原因をNHKあさイチで、頭痛学会理事の平田幸一教授は

三叉神経血管説で説明していたが、

この仮説は間違っている

だから、現代医学は片頭痛を治せない。

 

 

 

      託児無料奈良の小児科整体院TOPへ>>>

 

 

        

 

         子育てママの一条整体院奈良携帯サイト

           http://katy.jp/gwpm/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.354976.jp/mt5/mt-tb.cgi/212

コメントする

MT42BlogBetaInner

カテゴリ